5月子供の日
端午の節句 子供の日
5月5日の男の子の節句。古来中国のの思想では3月3日の雛祭りと同様、奇数が重なる月日は悪い事が起こりやすいという事から、厄よけの日でもありました。
そんな事から、菖蒲は香りで厄よけに、鯉のぼりの矢車はからからという音で厄よけになると、意味のあるものだったのです。
日本では
菖蒲⇒尚武に通じることから男性とのかかわりが強くなり武士が勝利の願かけの為に兜に菖蒲をさして戦場におもむくこともあったそうです。

ちまき
戦国時代の携帯食のなごりであるとともに、鉄砲に似た形から武士魂を表す。

柏餅
柏の葉は次の新芽が育つまで親葉が落ちないところから、親が子供を思う心を読み取ることができます。
又、柏は神様を拝む時の柏手の柏とも解釈でき、祝いの日の食べ物にふさわしいのです。

           参考文献 「四季の行事」のおもてなし 山本三千子